石川知事候補 はせ 浩 / 動かそう!石川 新時代へ

PROFILE

プロフィール

馳 浩 はせ ひろし

昭和36年5月5日生まれ。(現在60歳)
金沢市立千坂小学校・鳴和中学校・星稜高等学校・専修大学卒業。
星稜高校国語科教諭・オリンピック選手(レスリング)・プロレスラーを経て、参議院議員・衆議院議員など国会議員在職約27年。第16代文部科学大臣・自民党政調会長筆頭代理などを歴任。

富山県小矢部市に生まれ、小学校3年生より金沢市在住。星稜高校入学後アマチュアレスリングを始め、高校三年で国体優勝。専修大学ではレスリング部の主将を務める傍ら、教員免許を取得。1984年3月専修大学文学部国文科卒業後、母校の星稜高校で国語科教諭として教鞭をとる。そして、ロサンゼルス五輪アマレス・グレコローマン90kg級で出場。その時の経験から『勝つためだけでなく、人に感動を与えるためにスポーツをしたい』と思い、翌年1985年、長州力率いるジャパンプロレスの門を叩きプロレスラーに転身。その後、新日本プロレスの中心選手として、また若手のコーチ、選手と会社を繋ぐパイプ役として活躍。リング外では弁舌鮮やかな語り口と達者な文章でテレビ、ラジオ、雑誌を問わず独自の文学論、スポーツ論、人生論、教育論を展開。日本文学風土学会会員でもある。

1995年7月、第17回参議院議員通常選挙 石川県選挙区より自民党の推薦を受け出馬し、現職候補との激しい選挙戦の末初当選。後に自民党入党。2015年10月、第3次安倍改造内閣において文部科学大臣・教育再生担当大臣に就任。2017年4月より自民党石川県支部連合会会長、同年8月より自民党教育再生実行本部長に就任。2017年10月、衆議院小選挙区選出議員選挙において石川1区で7度目の当選。2021年10月の任期満了を経て、現在はふるさと石川県の新時代を切り拓くため活動中。

幼少期の写真
アマチュアレスリング時代
title
title

幸福度日本一の石川へ

  • 緊急コロナ対策

    緊急コロナ対策

    県民の命を守る感染対策と、経済・雇用を守る
    社会経済活動の両立!

  • 能登・加賀・金沢 地域振興

    地域の特徴を活かして暮らしやすさの向上を

  • 教育

    教育

    教育は国家百年の大計。学力の維持・向上と、ふるさと・偉人教育の推進!

  • 子育て・医療福祉・公共交通

    子育て・医療福祉・公共交通

    いわゆる社会的弱者の暮らしを守る支援の拡充

  • SDGs・女性活躍・防災

    SDGs・女性活躍・防災

    すべての人のより持続的な未来を築く
    「SDGs推進室」を新設

  • 文化・スポーツ振興

    文化・スポーツ振興

    文化による価値づくり!石川県独自の
    魅力掘りおこしを

  • 経済・産業・農林水産業振興

    経済・産業・農林水産業振興

    知事が本部長を務める
    「石川県成長戦略会議」を新設!

  • トップセールス&戦略広報

    トップセールス&戦略広報

    全国的な知名度と人脈を活かして石川県の
    トップセールスマンに!

27 大臣・国会議員 年の活動実績

政策 実現力 No.1 / 議員立法 ・いじめ防止 	・児童虐待防止等 歴代1位の37本を成立させる ※田中角栄元総理が33本
  • 国立工芸館の石川移転
  • 金沢港大水深岸壁化
  • 海側環状道路・国道304号の整備
  • 文化庁の京都移転
  • 小中学生 1人1台 端末の配備
     (GIGAスクール構想)
  • 小中学校に空調設備を整備
  • 給付型奨学金(低所得者世帯の学生)創設
  • 35人学級の実現
  • 幼児教育・保育の無償化
  • 2020東京オリパラ大会の招致

応援する

応援・サポーター募集

応援する
はせ浩(馳浩)公式サイト応援サポーター

サポーター入会のお願い

はせ浩が県政で活躍するため、石川県に住むあなたの支援が必要です。